歌手

留学のメリットと歌手デビュー後の生活

65b2df2980d1275188439cc3a0c7145c_s

ハイレベルなレッスンとその後の収入

スクールに通ったからといって歌手になれるとは限りません。
しかし効率よくレッスンを受けるためには留学という手段もあるのです。

lgf01a201307092300
出典:http://free-photos.gatag.net/2013/07/09/230000.html

歌手になるための留学

歌手のスクールは日本にもたくさんありますが、海外に留学して学ぶ日本人もたくさんいます。
歌手は独学でもなれるので必ず学校に行かなければいけないということはありません。
むしろ学校に行ったからといって歌手になれるとは限らないのですが、なぜ海外にまで勉強をしにいくのでしょうか。
それは海外のスクールの方が本場でハイレベルだからです。
ハイレベルなレッスンと、ハイレベルなライバルたちに刺激を受け自分を高めていくには海外留学はとても効果があります。
ニューヨークには歌手やミュージシャンたちが世界中から集まってきます。
日々の日常がとても刺激になりそれが自分の歌にも良い影響を及ぼすでしょう。
そしてアメリカでのボーカルレッスンは英語での指導が基本なので語学力も磨かれることでしょう。
海外でもオーディションやスカウトは存在するので、現地で人脈を作って海外で活躍していくというのも夢ではありません。

歌手の収入

歌手の収入は活動次第ですが少ないと100万円にも満たないです。
しかし大きくヒットすると何億にもなるので振り幅はとても大きいです。
最初の年に何千万と収入があっても次の年には100万円未満になってしまうというようなこともあります。
歌手はレコード会社と事務所に所属しそれぞれとの契約によって収入が決まります。
プロダクションとマネージメント契約を結ぶと契約金として何十万円〜何百万円のお金が入ります。
その時点では歌が売れているわけではないので歌手としての収入はゼロです。
毎月10万〜20万ほどの給料制で生活する人もいれば出来高制でギャラの何パーセントをもらえるといった契約の人もいます。

プロダクションからの収入だけではなく歌手には印税収入というものがあります。
作詞や作曲、歌唱印税などです。
CDが売れるたびに、カラオケで歌われるたびに印税が入ったりします。
それは自分で作詞作曲をしているか、一人なのかグループなのか等で割合は変わってきます。
ヒット曲をたくさん生み出しカラオケで何年も歌い継がれるような歌手になれば、安定した印税収入が入ってくるようになります。
その他の収入というとテレビや雑誌、イベント、ライブ、ファンクラブの売り上げ、グッズ販売、などがあります。

歌手の生活

プロデビューした後の歌手の生活は基本ボイストレーニングやダンスレッスンや体力作りで費やされるようになります。
それに加えて体重管理や美容管理も日課になります。
作詞作曲も手がける歌手ならばその時間も加わります。
作詞作曲には相当な時間と神経を使うでしょう。
そしてレコーディングがある日には一日中歌いっぱなしということもあります。
こだわる度合いにもよりますが長い時には一ヶ月以上かかることもあるでしょう。

5-2
出典:https://mag.kakaku.com/av-kaden/?id=4151

音楽業界は夜型が多い

歌手活動をしている人の大半は夜型生活です。
これは音楽業界の人に夜型の傾向があるからです。
なので新人歌手は昼にトレーニングをして夜はスポンサーへの挨拶回りをするという流れが多いです。
時には先輩歌手への付き人をしたりもします。
そしてだんだん有名になってくればその生活は一転します。
テレビや雑誌などの仕事が入り寝る間もないほどのスケジュールになります。
しかしそこまで人気が出る歌手になれる人はほんの一握りです。
もしもそうなった時には忙しいことを幸せに思えなくてはいけませんね。

デビューした後も歌手というのは忙しい職業です。
しかし歌が好きという気持ちと仕事をもらえるありがたみをちゃんと感じていればそんな忙しさも苦にはならないでしょう。
歌手を目指すみなさんも、そんな生活を夢見てがんばってください。