歌手

歌手としての自信とボーカルスタイル

f86e587a05bae54f76188c9a293a5873_s

たくさんの方法、選択肢があることを知ろう

歌手になりたいけど自信がないと踏みとどまっているとどんどんライバルたちに先を越されてしまいます。
行動しなければ夢へは近づけないのです。

1238174
出典:http://www.recordchina.co.jp/a79173.html

ルックスの重要性

歌には自信があるけどルックスには自信がないから…などと歌手への道を諦めている人はいませんか?
実際歌手は必ずしも美人、かっこいいという法則はありません。
歌手は見た目よりも個性の方が重要です。
人を魅了する歌声があっても他に何も特徴がなければ人気は出づらいと言えるでしょう。
逆に見た目の悪さと歌声のギャップが個性になって知名度を上げていくこともあります。

ルックスに自信がないからと歌手を諦めてしまうのはとてももったいないことなのです。
歌手としてやっていくには自分に自信を持つことがとても大切です。
自信のなさというのは聴いている人にも伝わってしまうものです。
聴く人も自信のない人のファンにはなりたいと思わないでしょう。
自分の歌で誰かを感動させられる、勇気付けられる、そういう自信を無くさずに努力していくことが大切です。

自分のボーカルスタイル

歌手の個性とは無理矢理に出していくものではありません。
個性はある人とない人がいるのではなく、誰でも持っているものなのです。
なので無理に個性を作ろうとしてしまうのは本質的な個性とは言えません。
まず、自分が歌いたい曲を一番気持ちよく歌ってみましょう。
そこに個性が隠れているのです。
口の開け方、歌い方、雰囲気などどれがいい悪いということはありません。
自分が一番歌いやすい歌声を見つけてください。
これだと思った歌い方があなたのボーカルスタイルとなるのです。

プロではなくアルバイト

プロの歌手として歌だけで生活ができるというのはとても難しいことです。
実は中にはアルバイトとして歌を歌っている人もいます。
例えばレストランで歌ったり、結婚式で聖歌隊として歌ったりする人がいます。
社員として働いていて歌っているという人もいますがアルバイトとしての需要もあるのです。
プロを目指しながらこういった場所でアルバイトをしたりしてるうちに何かのきっかけで知名度が上がっていきプロになれるというのもあり得る話なのです。

他にもボーカルスクールなどで講師として働くアルバイトもあります。
プロを目指しながら合間に講師のアルバイトをして生計を立てている人もいます。
講師のアルバイトの場合1レッスンにつきいくら、という契約で仕事をするため、自分のスケジュールにも調整しやすいのがメリットです。
生徒からの評判が良くなるとそのまま社員になれることもあるようです。

458209797
出典:http://matome.naver.jp/odai/2138793585991797301/2138794046894215303

会社員から歌手へ

歌手になりたいと思う人は実力はもちろん、カリスマ性なども持っていないとなれない職業です。
会社に勤めながらも夢を捨てずに土日だけでボーカルスクールに通う人もいます。
若い人だけが歌手になれるということはないので30過ぎてから歌手に転職してデビューするなんてこともあります。
現在プロの歌手でも実は元会社員だという人は結構いるものです。
しかしプロの歌手と言っても一発屋になってしまったりなかなか知名度が上がらず収入も増えないなど、厳しい現実があるので転職する際には相当な覚悟を決めたほうがいいでしょう。
歌が好きという気持ちで、辛いことにもめげずに頑張っていける人になりましょう。

歌手になりたいという気持ちが強ければ辛いことも乗り越えていけます。
今できること、やりたいことを全力でチャレンジしてみましょう。